ナンパマニュアル DAY 12 ネタ作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

どうもEDです。

今回は長いですよー

ミッション7まであります。

まぁ、スカっと行きましょう!


今日のテーマはテッパンな話題を持ちましょうですね。

まずは準備から


☆ミッション1☆ 自分のウリ

自分のいいところ、知って欲しいところを8個書き出しましょう。

はい。書き出しました。


☆ミッション2☆ ネタ探し

テッパンネタに使えそうな体験を8個考えましょう。

そんなんないよ!って人も大丈夫。些細なことでよいのです。

傾向としては、
・恥かいた話 
・死にかけた話
・エロい話
・悲しい話
・バスの揺れ方で人生の意味が分かったような話
・救出劇、乱闘劇
・いままさに起こったこと

ネガティブな印象を与えないように注意ね。

で、それぞれのタイトルを書き出しましょう。。



☆ミッション3☆ ネタしぼり

ミッション1と2を比較して、1で出した自分のいいところが現れてるかチェックしつつ、
二つに絞りましょう。
自慢話にならないように注意。




☆ミッション4☆ お話作り

では、そのテーマで話を書いてみます。
気を付ける点は

・印象強い書き出し
・知的でユーモラスなオチ
・続きが気になる展開
・ディテール描写
・ユーモア
・自慢に聞こえない自慢
・余計な事もりこまない
・自己アピールに堕さない
・30秒から120秒で話せるようにまとめる

で、書けたら、要点を抜き出しましょう。

要点ってのは、『水戸黄門』でいうなら、

水戸光圀が身分を隠して旅をしている、旅先に困ってる人がいる、困ってる背景には悪代官がいることがわかる、悪事を突き止め乱闘になる、身分を明かし悪人は懲らしめられる

ってやつ。

この作業をしてけば、要点だけ覚えてれば全文覚えてなくても話せる。

で、要点は3~6個の話がボリューム的に適切。



☆ミッション5☆  読んでみる

DAY3でやった話し方を意識しつつ、読んで録音してみる。

間のとりかたとかをチェックして、面白く話せるようにする。

もし読んでみて変えた方がよさそうなところがあったら変える



☆ミッション6☆  パフォーマンスに昇華する

動画とるか、鏡の前で喋ってみる。

楽しそうに、身振り手振りを加えて、声色も工夫してやってみる。

慣れたら、聞いてる人に話を振るタイミングとかも考えてみる。




☆ミッション7☆  実際に披露してみる

二つのネタを二回ずつ披露してみる。

披露する相手は、知らない人じゃなくてもOK。

話してみて工夫の余地があったら、どんどん原稿もアップデートする。

もし興味を引くことが出来なかったら、ミッション2で考えた別な奴を同じように作ってみる。

うまくいったときも、ネタを増やすためにミッション2のネタはとっておこう。




以上です。なんか滑らない話みたいだな。

印象に残るイントロ、ってのは、話をここに持ってくるきっかけとしてほんと重要だよね。

本文には例文も載ってました。

あと気を付けるのが、オチまで続けることにこだわらない事。

邪魔されても、その場が盛り上がることが一番の目的であり、

変なのに不当に邪魔された場合は、黙ってても他の人たちが続き聞かせて、って言ってくる。

もし言ってこなければ、ホントに話がつまんなかった可能性大だから、

新しいの作りましょう。


以上、DAY12でしたー

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です