ナンパマニュアル DAY 14 お触りする方法&性的嗜好の進化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


おまんたせいたしました!!

DAY14です!!


☆ミッション1☆ 講義:指輪のルーチン

前回までにやったレッスンでは、

時間無いふりして声かけたら食いつきやすい

という大前提に基づいて練習してきました。

で、ここから相手に引き留めてもらわなきゃならないわけですが、

そのためには、

「短時間で気になる印象を残す」

必要があります。

それを実現するのが

「指輪のルーチン」

です。


どこに指輪をしてるかで性格がわかる、

という話をして、続きが気になるようにする作戦です。

具体的なスクリプトや内容も載ってるけど、

それは本を買って確かめてみよう!!

ちょっと難しい理窟(例文ではギリシャ神話の話してる)を噛ますのが、

自分の価値をアピールするにもいいみたいね。


しかし診断系は結構ほんとに使えますね。

Gカップもみもみの時も、デタラメな診断でそこまで行ったわけだし。




☆ミッション2☆ 女の子に触ろう!!

痴漢!ダメ絶対!!

ここでは指輪のルーチンを使って自然に女の子の手に触れよう、

っていうミッションだからね。

ま、ほら、スクリプトはのっけてないけど、

そんなのデタラメでいいんだからさ、

やってみてください。(笑)



☆ミッション3☆ 講義:性的嗜好の進化 

では2つめ。

~性的嗜好の進化~

タイトル堅い!!

赤の女王 性とヒトの進化』なる本のレビューみたいですね。

なぜ、男子は美女に、女子はステータスに惹かれるのか、

ということが書かれています。

あと、なんで男子はカジュアルセックスが好きなのか、とか。

(正直、巷にあふれる俗説と大差ない内容ですが…)


ですが、重要なことも書いてあります!!

着飾れ!雌鹿はツノのデカいオスが、雌鳥は色鮮やかなオスが好きだ!
平均が好き、っちゅう種は存在しない!!

これは至言だと思います。

狩野エイコウみたいなかっこしなきゃいけないのか…


あと、男子はポルノで育つから見た目のエロさに弱いけど、
女子は恋愛小説で育つから、
言葉とボディタッチ(恋愛小説にはボディタッチ描写が多いらしい)に弱いぜ、
珍子の画像送るのとか無駄だぜ?

とか。


あと、男にとって異性をめぐる争いってのは、

多くの種で殺し合いに発展するほど激しいものであるから、

君の周りの人は君がナンパ師になるのを嫌がるかもしれない。

でもそれは本能的な嫌悪感だから気にするな!!

っていうのもありました。



ナンパにはメンタルが大事、

ってのはよく言われるし、

ちょっとでもやってみようと思ったことがある人は、

その事は身に染みてわかっていると思います。

だからこそ、この『ザ・ゲーム 【30デイズ】 ―極上女を狙い撃つ』でも、

最初から一貫して、

ナンパできない、恥ずかしい、って思い込みを捨てるよう書いてるわけなんだけど、

そのね、

ナンパが恥ずかしい理由、

軽い男が嫌われる理由、

ってのが、生物学や進化論(怪しいけど)から見ても、

勘違いなんだよ、ってことなんだよねきっと。



EDもおととい、

いままでの自分ではありえない急展開でおっぱいさわったけど、

あんまり嫌われたとは思わないしな。

世の中には出会って3秒で合体する人もいるわけだし。



忙しくっても、ナンパ、がんばろー!!!!!

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です