ナンパマニュアル DAY 21 ゲットまでのプロセス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本シリーズも佳境に差し掛かってきました。

(この記事は2013年11月2日に書いてます)


こういう時にですね、よく言われるのが

「勝ち方を知っているチームが勝つ」

ってセリフです。


勝ち方ってなんだろ、って話なんですが、

おそらくですね、勝利に向けてのプロセスがしっかり出来ているってことだと思うんですよね。

なりふり構わず全力で当たれば、

そりゃ勝てることもあるだろうし、場合によっては勢いで勝ちまくることもある。

だけど本当にじりじりした勝負になってきたなら、

こうやってこう進めてこうすれば勝てる、ってのを持ってると強いのです。

勝利までのプロセスですね。

DAY20までに、バンゲまでのいろいろなフェーズでのテクニックを学びました。

言ってみれば、マシソン山口西村に青木今村がそろった状態です。
(この記事は2013年11月2日に書いてます)


ではここで一回、勝利の方程式を確認しましょう。


って俺が著者かのようなエラそうな書き出し。

ではDAY21はじまりはじまりー


☆ミッション1☆ カンペをつくろう!

いままでのレッスンで、プロセスを学び、いろんなテクニックを学び、

ときにはオリジナルの話題もつくりました。

これらを直ぐ思い出せるように、カンペをつくってもっときましょう。

もちろん会話中に取り出してみるわけにいかないから、

厳密にはカンペとは呼べない、お守りみたいなもんだけど、

コレがあれば次の声掛けのときに失敗したところを修正できます。


☆ミッション2☆ バンゲしてこい

カンペ通りにやってみましょう。


☆ミッション3☆ 講義 出会いからロマンスまでのプロセス

Neil Strauss氏は出会いからロマンスまでを5個の段階に分けてます。

・出会い
・アピール
・感情的なつながり
・きっかけづくり
・肉体的なつながり

です。

さらに、それぞれのフェーズにおいて

「何のために」「何をするか」

が子細にまとめられています。

ちょっとこれは全部紹介するのは無理です。

本では表にまとめられてますので、ぜひ見てみてください。

あと、「なんのために」「なにをするか」は

(おそらくまだ見てない所も)レッスンの中で紹介するものばかりです。

だからどーしても本買わずに表だけ知りたい、ってひとは、

このブログを全部よめば自力で表が作れる…かもしれません。

それにね、まだプロセスの二番目までしか来てないわけで、

どっちかってとこれからこんなことしますよ的な意味が強いと思います。

この先読んでいただくに当たり、

あ、これはこの部分の技だな、と考えながら読んでもらえてば、

理解が進むものとおもいます。


面白いのは、

五つのフェーズの前にちゃんと

「準備」

の項目が用意されてることですね。

自分がまずナンパできる身だしなみと心構えになってないと、

なんも始まらないってことですわ。

もしかしたら、レッスンの最初のころに一度立ち返って、

身だしなみと心構えを再確認した方がいいかもです。

私もナンパ再開するときは、

お声掛けミッションからやり直そうと思います。


ではでは。

 

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です