ナンパ戦果 渋谷 ストリート&クラブアトム 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(2014年10月6日)

ども。EDです。

 

仕事の飲み会帰り、

先輩が昔ナンパしてたみたいな話になりまして。

じゃあ行きましょうよ~ってことで渋谷へ。

時すでに24:00。

 

「終電まで30分一本勝負な。」

 

ってことで、

ハチ公前からセンター街周辺をうろうろするも、

 

圧倒的坊主‼‼
(なんの成果も得られなかったって意味だよ!)

 

とはいえ、

今回、ストナン地蔵脱出の方法として考えていた、

・目的地に着くまでにウォームアップする

を実践してですね、
(山手線のホームで「渋谷どっちですか?」って聞くという、乱暴なアップですが)

さらに、有名な地図オープナーも使わせていただきまして、

まぁ、なんとか、地蔵にはならずに済みました。

収穫としては、

・ウォームアップは必須!
・ウイングがいると、素人でもだいぶ違う!
・地図オープナーは(ガンシカされたけど)地蔵脱出に使える!
・先輩に、飲み会では大人しいED君も意外と社交的と印象つけられた

という4点でした。

最後のは、マイナス評価かもしれませんが

あ、あと「30分しかない!」ってのも、

声掛けに動きやすかった要素かもしれないです。

 

んで、無事終電解散で、帰宅・・・

 

とはなりませんで、

スト地蔵克服に気分を良くしたEDはそのままクラブアトムへ。

戦果は…

 

スーパー坊主‼‼‼

 

エレベーターの中から逆3(男1女2で話すことね)でちょっと和んだりと、

動き出しは悪くなかったんだけどなぁ。

 

一組目 おそろい子 スト2、スト2

直前のロッカーにいた変な人をいじってオープン

フリスクちょーだいが来たんで、

あとで返してもらうから、

と、『ザ・ゲーム』に載ってた通りの返し。

その後遭遇せず

 

2組目 VIP席子 スト4、スト3、スト3

めっちゃ混んでるね

でオープン。

服の話とかするも、友人に引っ張られてビップ席へ。

先に美人と話しちゃいかん、というセオリーを破ってしまいました。

 

3組目 露出子 スト3、スト2

上でなんか事件あったの?でオープン。

アトムは3フロアあって、回遊しやすいのがいいね。

飲み物を飲ませる、アクセをいじる、

など試みるも、

EDがバーカウンターでもらったサイリウムを逆にいじられ、

なんか持ってかれる。

主導権を取られた。

 

4組目 メガネ子 スト3、スト2

メガネ子がべろんべろんな所で、ツレに絡み

すぐ放流するも、ダンスフロアで再会

メガネ子がなんか食いついてくるも、

あまりの暑さに再度放流

 

5組目 ビチ子とスト高 スト3、スト4

2x2でナンパされてて、ビチ子が泥酔かつ完全に落ちてた。

んで、スト高はそれを守ろうとそばにいるけど、

ナンパ師のもう一人が完全マーク。

ナンパ師の反対側から奪取を試みるも、失敗

 

6人目 ソロ子 スト3

廊下で携帯いじってるところを声掛け

はぐれたの?

服いじり、指輪ルーチンと進むも、

食いつき無し。

 

こうしてみると、クラブでのオープンは結構何でもいい感じですね。

むしろ自然なタイムング(三秒ルール)と立ち位置の方が大事か。

で、そこから如何に和みに持っていくか。

指輪が刺さらない人もいたし。ちょっと武器を増やさないと。

あと、

『ザ・ゲーム』 にでてきた 「AMOGing」

これ、ソロでのクラブナンパには必須ですね。

研究します。

 

なんか去年の、

がっちがちに即や即やって気張ってなかったとき、

バンゲしてひゃっほうしてた時の方が、

即に近かった気がするんですよね。

 

ソロでセパレートするテクニックを持たない私としては、

それだけで逆3をためらうor放流が早くなる

って可能性もありますし。

 

オープンの壁はひとまず超えたかな?

 

追記:2014年10月28

このように涙ぐましい努力をして、

なんとかストリートでの地蔵克服を目指していたEdですが、

六本木の凄腕、クロマティこと黒沢氏の2.5時間セミナーを受講したところ、

次の出撃時にはストリートで声がけができるようなっていました。

地蔵克服の一番の処方箋は、

「凄腕に正しいやり方を教わること」

でしたね。間違いない。

ここで注意なのは、

「凄腕に鍛えてもらう」ではない、ということです。

凄腕と言われるナンパ師は何人もいますが、

「俺になれ」ではない、

「正しいやり方」を教えられる人は本当に限られると思うんですよね。

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です