ナンパ戦果 ハロウィン前週の渋谷 女子大生番号ゲットの方法と反省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、前回に続きまして、

ハロウィーン前週の渋谷の様子をお届けします。

 

さて、前回ヤクモさんの呼びかけに参加させていただいたEdですが、

この日はもう一人貴重な出会いがありました。

慶兆くんです!

 

ヤクモさんと合流後、センター街に移動し、

もう一人合流しますってことで慶兆くんを待つ。

その間に凄腕へっぷさんを発見しご挨拶。

 

で、はじめましての慶兆くんは…

 

めっちゃフットワーク軽い!

そして、トークがうまい!

 

いや、Edはこんな記事を書いておきながらかなりの面食いで、

できれば声掛け前に顔を確認したい。

というか、顔を確認しないと怖くて声掛けできない、

というのがスタンダードでした。

もうね、ガンシカよりブスが怖い。

 

なんですが、

まず一組行くじゃないですか。

それで、

ダメだったなーなにがダメだったかなー

みたいなことを私が考えているうちに、

慶兆くんは「あれいきましょう!」

ってもう走り出しているんですよ。

これは見習うべき姿勢ですよね。

 

それから、

モノいじり、服いじりのスキルが高い!

ってか面白い!

ヤクモさんのブログでは、

なんか私と二人で縦横無尽

みたいな感じで書いていただきましたが、

ハッキリ言って私はギャラリーでした。

ネグってこうやるんだなー、これが食いつかせるトークなんだなー、

と、話に聞き入ってました。

勉強になりました。

 

おかげさまで、何人に声かけたかわかんないくらい数は打てたので、

戦果は今後に活かせそうなもの一個だけ!

 

地元子&ロリ子 スト値3と3(Edは5段階評価です)

慶兆くんのアレ行きましょう祭りから声掛け。

未成年か?と思うルックスだったけど、20歳すぎてました。

慶兆くんにおんぶにだっこでオープン、並行トーク(歩きながら横に並んで話すこと)。

Ed担当が地元が近くてラポール

終電時間も熟知してるんで、

ちゃんと帰しますよアピールをしながら飲み打診。

飲み屋のキャッチのアシストを受けながら(笑)ビタ止めする(立ち止まらせる)も、

結局解散。こんど地元で飲もうよでラインゲット。

 

実は、これがEd記念すべきスト初番号ゲットになります。

で、今回の声掛けが何故うまくいったか、

なにが今までと違ったか、なんですが、

これは「地元近い」しか考えられないんですよね。

なんですが、我々のバイブルである

『ザ・ゲーム 【30デイズ】 ――極上女を狙い撃つ 』の理論でいうと、

このタイミングでの「地元近い」は明らかに早すぎる

で、結局その後のラインは返信なし。

やはり、先人が練り上げたプロセスは正しいんですね。

順番とタイミングを間違ったらイカン。

 

 

で、この後はヤクモさんとクラブアトムへ。

(身分証なくて結局一人クラブ

で、クラブ終わってから慶兆くんと再合流して、

初の明け方ナンパを経験します。

その辺の話はまた次回

 

 

しかし、ナンパ始めて一年ちょい。

はじめて、「数えきれないほどの声掛け」

をしました。

あんなに勉強して時間かけて悩んで考えても、

結局声掛けできなかった頃が嘘のようです。

それもこれも六本木の凄腕、

クロマティこと黒沢氏の2.5時間セミナーのおかげです。

地蔵克服出来てない方、オススメですよ。

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です