ブスが粘着する理由 美人の恋が叶わぬ理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読者のみなさん。

紳士淑女のみなさん。

「醜女の深情け」って言葉、

聞いた事ありますよね。

てか、体験したことありますよね。

 

不細工ほど惚れた腫れたを引きずりやすい、ってことは、

昔からよく言われることなんですが、

物事を引きずるかどうかなんて人の性格によるもんだから、

酷い偏見に満ちたことわざだな、

ブスがしつこい方がインパクトあるから、そう言われるんだろな、

と思っていました。

 

が、

 

前回の『魅了者』を書いているうちに、

不細工が色恋を引きずりやすい構造があるのではと思ったのです。

 

前回の『魅了者』と他の誘惑スキルとの大きな違いは、

大体のナンパスキルが出会い頭にガツンと誘惑して、

終わったら「なんであんなのに惚れたんやろ?」となるのに対し、

『魅了者』は相手が気付かないうちに相手を依存させる、

という点でした。

気づかないうちに依存しちゃってたら、そりゃ引きずりますよね。

 

なので、ここで、

引きずるのは『魅了者』方式で誘惑されたから、

と仮定します。

 

で、『魅了者』のナンパ技術はなんだったか?

というと、

相手の自尊心をくすぐり、

この人といると自分はすごいように思える、

と感じさせることでした。

 

さて、勘のイイ方はもう気づいているでしょう。

 

ナンパは相手を見て技を繰り出します

褒めたり、自尊心をくすぐったりするのが効きそうな相手ってどんなでしょう。

逆に、褒めてもなんにも効かなさそうなのはどんな相手でしょう。

 

簡単ですね。

褒めて効くのは自尊心がないタイプ。平たく言えばブス。

褒めても逆効果なのは自尊心が強いタイプ。つまり美人。

 

そう、ナンパ師のみなさん、

知らず知らずのうちに、

ブスに『魅了者』のナンパ手法をがっつり使って、

ブスに粘着されていませんか?

 

別にたぶん、ナンパに限ったことじゃないんですよね。

大体、男って自分流の口説き方をワンパターン持ってて、

そればっかり使うんですよ。

ナンパじゃなくても、口説くときに褒めるタイプはとにかく褒める。

で、そうやって落とされた女は依存して引きずることになるんだけど、

褒めて落ちるタイプは自尊心が低いタイプ、つまりブスが多い。

なので、

結果として、

「ブスが恋すると引きずる」

というパターンが増えるのです。

 

逆もありますよね。

美人な女の子が、

「本気で好きな人ができなーい」

とか言うパターン。

あれって我々はつい、

「モテて調子こいて手軽に付き合うからだバーカ」

って思っちゃうけど、違うんですね。

彼女らは、

「すぐ醒める口説かれた」しかされていないんです。

てか、長続きする口説き方が刺さりにくいんです。

美人な女の子の中には、

「本気で好きになった人には好かれない」

とか言うパターンも多い気がします。

これもおそらく、

「本気で好きになった人」はですね、

仕事だったりスポーツだったり芸術だったり、

容姿やスタイルなどの性的な要素じゃない部分で、

自然に彼女の自尊心をくすぐり、依存させちゃってるんです。

でもそんなまどろっこしい性的アプローチをする人間は少ないので、

そっちの恋は進展しない。そして、

短期的に刺さるツンデレ大作戦を多用する男と、

すぐ覚める恋を繰り返してしまうわけですね。

 

そして、不倫の恋が長引く理由もここにある気がします。

上戸彩もハマった昼顔不倫妻。

やっぱりどんなに美人でも、

結婚しちゃうと市場価値は下がるんですよね。

(Edは昔、婚約したって女友達に上場廃止って言って怒られました)

で、旦那もだんだん女として見なくなったり、

子育てなんかで身なりに気を遣えなくなったなーと感じていたりしたら、

もうこりゃ「褒め殺し」に落ちる自尊心の低い女の完成ですよ。

不妊で旦那とギクシャクなんかしてたら完璧ですね。

 

 

うーむ、

 

色恋沙汰ってのは、

実は合理的に説明がついてしまうものなのだなぁ。

そしてこれが正しいとするならば、

人は苦しむようにプログラムされているようにしかみえないよなぁ。

 

ではまた次回。

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です