六本木クラブV2 大量Lineゲットを生んだナンパ方法と結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

某日無事六本木クラブV2 TOKYO行ってきました!

今回のコンテンツは

・大量Lineゲットを生んだナンパ方法

・ダンスフロアで食いつかせる方法

・六本木クラブV2Tokyoでのナンパレポート

です。

 

リアル友達にキャンセルされ、

相席屋&クラブの予定がぶっ飛んだEd。

しかしなんとしても出撃はしたい!!

ってことで、ツイッターで合流申請をかけまくりました。

合流してくれた変態顔面さん、

そして拡散してくれた皆さん、

どうもありがとうございました。

私は幸せです。

 

で、某日23時。

変態顔面さんとはじめまして合流しました。

年恰好も服装も(服装はちょっと合わせたけど)似た感じで、

クラブ内では兄弟で通る相性の良さ。

とはいえ、戦績性欲ともに変態顔面氏の圧勝なんで、

今日はおんぶにだっこのつもりで頑張りました。

目標は、即!ではなく、3P!

 

この日の作戦は、asapenさんの六本木クラブノックを参考に、

いろんな女の子からLineゲットし早めに放流。

いい時間帯になったらその中でかわいい順に連れ出し打診。

というものでした。

いつものクラブナンパ相棒のヤクモさんとは、

クラブ内セパを目指していたので、別のパターンですね。

この作戦はソロ時も含めて、

何回かやってみようとしてできなかったパターンなので、

ぜひ今回成功させて、コツを掴みたいところです。

 

V2に入ると、、、の前に、変態顔面さんがさっそくの一声掛け目!

ロッカーで仮病でぶっ倒れて見せて、

びっくりした女の子に

「お腹痛いからLine教えて」

となんだかわからない展開に。

これがネタナンパか!

今日はこれを勉強して帰ろうと誓った、32歳の春でした。冬だけど。

 

クラブ内は男性陣が余り気味。

黒服が、「…は妥協して…、それで席つけて…」みたいなことを

無線で話しているのが聞こえてしまいました。

ルックスを妥協するんですよね。わかります。

V2とか、ほかのVIPの女あてがう系のクラブってチェンジできるのかな?

チェンジできるなら相席屋よりよっぽどいいよね。ぜひ利用してみたい。

 

で、変態顔面さんは順調にどんどんアプローチ。

正面から手を広げて待ち構える、

しれっと腕をくんで一緒に歩く、

など、普段わたしができないアプローチが多く、

大変勉強になりました。

そうすると、当然「おごって」な女も多いんですが、

それに対する対処も完璧。

相手の強欲をネグりつつ、番号もゲットし、

ちゃんと奢らずに放流。そしてなんかその後も

「媚びなくてもいい相手」的なポジションで仲良くなる。

という凄いルーティーンを見せてもらいました。

自分でやってうまくいったら紹介します。笑

 

☆VS ももクロのブス2人 かわいい度 普通&可食

早い時間のクラブ恒例、誰もいないダンスフロアいじりで声掛け。

話しにくいから、でトイレ前連れ出し。

ある程度の食いつきは感じられて、

あとで飲もうよ、でLineゲット。放流。

基本通りにできましたね。

 

☆VS? ヒカリモノ配ってる外人のお姉さん

ピカピカするものを身につけて注意を引くのは、

「イカ漁」としておなじみの技術。

とはいえ、事前に用意するのは予算的にもめんどくさい。

で、変態顔面さんの作戦は、

「お立ち台でヒカリモノ配るときに必ず複数ゲットする」

でした。

で、これをネタに女の子に声掛けする。

返報性の原理、ってやつでしょうか、

モノあげたら必ずLine教えてくれますね。

一緒に踊ることでアプローチする「ダンスルーティン」との相性も良く、

次回からは積極的にやっていきたいとおもいます。

 

☆VS おっぱいNG子 かわいい度 かわいい&普通

変態顔面さんはダンスルーティンがメインウェポン、

とのことで、私も一緒にダンスフロアへ。

ダンスルーティンはビギナーズラックのころに使っていたので、

特に気後れすることもなくおっぱい子ちゃんにアプローチ。

ボディタッチOK、さらに、筋トレしてるとかいって上腕とか

腹筋とか触らせてくれるかわいい子ちゃん。

調子こいておっぱい触ったら逃げられました。

本日一番の美女。

変態顔面さんホントすいませんでした。

 

2:00頃いっかい休憩をはさみ、作戦タイム。

そろそろ連れ出ししたいよね、ってことだったんだけど、

この時点でLineゲット数は二人合わせて5件。

バックアップのために10件は欲しいね、で合意。

 

その後ダンスルーティンを中心に順調にLineゲットを重ね、

持病の発作も起こることなく10Lineゲット。

しかし、この日はとにかく女の子が少ない!

で、時刻はすでに午前4:00。

連れ出さないと時間が無いよね、

ってことで、もういっちょ頑張ることに。

 

VS ヤンキー子 かわいい度 普通&普通&普通

ダンスフロアを見つめる二人組発見。

飲んできたの?で声掛けし、

早くドリンク飲んじゃって踊ろうよ、と和む。

持ってたジーマ的なものを一気させ、

二人でダンスフロアへ。

(片割れはジーマを持ってたんで、自然とセパレート)

で、この時、Edはちょっと工夫をしてみました。

一緒にくっついて踊るだけなら芸がない。

シルクドソレイユのピエロをイメージし、

身振り手振りで女の子に踊り方を指示。

大げさに真似してネグり、大げさに褒めて持ち上げ、

気づけば彼女から腰に手をまわしてくるまでに。

これや!ピエロルーティン誕生や!!

なんだけど、途中で知らん女の子が乱入。

実は二人組ではなく三人組だったんですね。

逆5Pはむりむーりと思って放流。ほっぺにチュー止まり。

 

VS ラーメン子 かわいい度 普通&可食

ダンスフロアの端っこで退屈そうな二人を捕獲。

ピエロルーティンでまたちょっと食いつきを上げ、

4人で話しながらラーメン打診。

するとここで、変態顔面さん担当の普通子から

「私は行かないから、二人でいってくれば?」

との逆セパレート発言!

マジで?私クラブ連れ出ししたことないんですけど!

ラーメン食った後セックスする方法しらないんですけど!

とテンパりつつ、今日の目標は3Pであること、

そして、我々には10件のLineがあり、

ここで可食に妥協する必要はないことを思い出し放流。

 

 

VS 10件Line & クラブ帰り狙い

A.M.5:00、

Lineの反応がなかなか悪く、

仕方なく路上でクラブ帰り狙いへ変更。

しかし、やっぱり今日は女の子が少ない!

頑なにつるとんたんにこだわる二人組を放流し、

ジュマンジ前でちょっと出待ちするも、

寒さに負けて本日ゲームセット!

 

結果は、、、6Lineゲット、3番号ゲット

ん、これはハロウィンを超える新記録か

たぶん変態顔面さんはもっとゲットしてたと思います。

急な要請にも関わらず合流してくれた変態顔面さん、

どうもありがとうございました!

 

 

で、恒例の反省タイム!

 

☆Lineゲットの目標達成。

変態顔面さんは非常に多くのLineゲットの引き出しを持ってました。

で、それらに共通するのは、返報性と理由づけ。

ヒカリモノ上げて、Lineを聞く。

お腹痛いから、Lineを聞く。(理由の妥当性はどうでもいい、とされています)

シンプルだけど、これをしっかり守ってるから、

こんなにたくさんゲットできたのだと思います。

 

☆ネタナンの勉強からのピエロルーティン

今回、ネタナンとダンスルーティンを中心にやりました。

久しぶりに思い切ってダンスを楽しむ!その場を楽しむ!

というスタンスでフロアに居たところ、

色々ネタのアイデアは湧いてくるし、やればそれなりにウケるんですよね。

で、うまくいったのが、

ピエロが無言の身振り手振りで客をいじるように、

ダンスフロアで身振り手振りで女の子をいじるというワザ。

もちろんEdにはパントマイムやなんやの心得はありません。

が、ピエロ(もしくはミスタービーン)になったつもりでやってみたら、

意外となんとかなりました。

念願のクラブチュー(ほっぺだけど)も決めたし、

多用したいと思います。

 

☆一つ一つのバンゲが雑だった?

確かに、Lineのゲット数はずば抜けていました。

だけど、結果はLineを使った連れ出しはできなかった。

死に番号(つながらない番号)率も高いと思います。

Lineでコミュニケーションとって連れ出し、

という狙った通りの目的が果たせなかった以上、

そこには原因があるはずで、

それは今回はゲット方法が雑すぎたせいじゃないかと思います。

だって、Ed自身もうどれが誰のLineだかわかりません。

女の子だってそうでしょう。

だったら、ゲットする際には次につながるような何か、

相手に覚えていてもらうような何かを残しておかなきゃいけないですよね。

それが何か、まではあんまりわかんないけど。

 

☆Edがのりきれていなかった

変態顔面さんの軽妙なトークに対し、

Edが全然乗れていませんでした。

ボケ&突っ込みみたいなテンポにもついていけず、

歯がゆい思いをさせてしまったことと思います。

これはきっと慣れもあると思うので、

今後の宿題にさせてもらいたいとおもいます。

 

以上です。

それではまた次回!!

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です