未訳本『ナンパの技術』 ターゲットのタイプ3 甘やかされた王様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル

に登場した未訳のナンパ本『The art of seduction』

ナンパ(誘惑)する人、される人をタイプ分けしてるのが特徴です。

モテる9つのキャラクター非モテに続いて、

今回はターゲットにされるタイプのその3「甘やかされた王様」です。

 

「甘やかされた王様」は、

両親から何でもかんでも与えられて育った子供です。

おもちゃでもお菓子でも遊園地でも、

望むものをすべて与えられて育った子供は、

友達を作ったり自分で楽しみを見出したりする力が付きません。

そして、大人になったいまは自分に楽しみを与えてくれる人もいないので、

退屈で落ち着かない日々を送っています。

そんな彼らがすることといえば、

退屈を紛らわすために、

人間関係や仕事、はたまた住む場所なんかまで、

どんどんどんどん変えていってしまうことです。

 

ですが、間違ってはいけないことは、

彼らはそうした新しい関係を望んでいるのではなく、

本当に望んでいるのはただ一つ、

両親のように、楽しいことを運んできてくれる人だけ

ということです。

 

このタイプを落とすには、

絶えず新しい場所に連れていき、

面白い体験をさせる必要があります。

あなたは引き出しになんでも入っているかのように装いつつ、

常に新しい自分を提示して、ターゲットを驚かせ続けなければいけません。

鍵となるのは、「多様性」つまりドンドン新しいモノが出てくることです。

一度ターゲットの興味をひいてしまえば、

あとは簡単に依存してくれるので、だいぶ楽になります。

落としやすいタイプとは言えますが、

そのための労力はかなりかかってしまいます。

 

仕事や人間関係が長続きしてなかったり、

ふらふら旅してばっかりだったりの人はこのタイプが多いです。

さらに、彼らは独特の気品というか、高貴な風格を漂わせています。

 

以上です。

 

このタイプもクラブにはいっぱいいそうな感じしますね。

高貴な風格があるのだとしたら、外見レベルも高いのかもしれません。

Edの印象としては、

キャバクラだったりV2のVIPルームだったりで、

金持ちを引っかけては散財させて捨てるような女がこんなイメージです。

 

次から次へと色々与えないといけないとするならば、

金持ちじゃないと落とすのは難しそうにも見えます。

ですが、逆に言えば新しければなんでも良いわけなので、

手品だったりライブだったりとびきり汚い店だったり、

自分のフィールドに引きずり込む作戦でも落とせるのではないでしょうか。

 

それにしても、長続きさせるのは難しそうだし、

著者さんもオススメしてません。

でも、

こういう猫のような気まぐれ美女とたった一週間の嵐のような恋、

とか、してみたいですよねー。(←「夢破れた人」の症状)

 

ではまた次回。

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です