未訳本『ナンパの技術』 ターゲットのタイプ4 堅物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル

に登場した未訳のナンパ本『The art of seduction』

ナンパ(誘惑)する人、される人をタイプ分けしてるのが特徴です。

モテる9つのキャラクター非モテに続いて、

今回はターゲットにされるタイプのその4「堅物」です。

「堅物」が落としやすいってなんか変な感じしますね。

 

さて。

性的に固い堅物ってのは、昔に比べて減っています。

なぜなら、堅物ってのは、

自分の行動が社会に受け入れられるかどうか?

ってことを気にするタイプの人だからです。

昔より今はセックスに対するハードル低いからね。

逆に言うと、「堅物」それ自体は減ってません。

 

さて、社会的な「正しさ」にこだわり、

社会的制裁を極端に恐れる堅物さんたちですが、

昔と変わらず、

心の奥底では悪いことやハミ出すことの悦びを望み、

それを抑圧しています。

自分がこういう悪い欲望に溺れるのが怖いが故に、

逆方向の極端に走ってしまうわけですね。

 

彼女らの特徴は、

無難な服装と、

リスクやうかつな行動に対する批判的態度、

ルーティーンを好む傾向です。

 

ハミ出したい欲望を押さえつけているの彼女らは、

放蕩者」や「セイレーン」のいいターゲットになります。

彼女らは本当はちょい悪に弱いので、

もしこのタイプを落とそうと思うのなら、

相手からの批判を真に受けず、ちょい悪を貫きましょう。

批判されるってことは、無意識では惹かれている証です。

で、

相手にあえて批判させてあげて、

「自分ならこの人を改心させられる」という気にさせてあげましょう。

そうすれば、相手もちょい悪なあなたと一緒にいる言い訳が出来るし、

「堅物」は単純に長いこと一緒にいると、勝手に誘惑される傾向があります。

 

ナンパのターゲットとしても落としやすいタイプです。

一度抑圧から解放してやれば、情熱的ないい女になることでしょう。

もしかしたら、地味な旦那と結婚してるかもしれませんが、

かまうこたありません。

彼女の欲望は眠っているだけ。起こされるのを待っています。

 

以上です。

 

今回はちょっとだけ、具体的な落とし方がありましたね。

相手に「私ならこの人を変えられる」という期待を持たせ、

長い時間一緒に過ごす。

前回前々回とクラブに来る感じのキャラクターでしたが、

今回の「堅物」はあんまりクラブっぽくはないですね。

ですがどうでしょう。

これってそのまんま、

白昼ナンパで人妻から番号ゲット、後日アポで準即セックス。

のパターンに見えませんか?

なんかチャラい男に声をかけられて、

いい歳してナンパなんてして!という批判をしつつ、

「自分ならこのチャラ男を更生させられる」と思ってしまい、

気づけば何度も会っていて、最終的にはセックスしちゃう。

そこで、自分は平和で幸福なはずの結婚生活を

本当は退屈に思っていたのだと気づき、

あれよあれよと真正の淫乱女に変貌する…

 

古典的な不倫ものに限らず、

少女漫画とかでも「生徒会長とヤンキー」みたいなパターンって

多く見られる気がします。

きっと女のファンタジーなんですね。

 

ではまた次回。

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です