未訳本『ナンパの技術』 ターゲットのタイプ16 感度が高い人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル

に登場した未訳のナンパ本『The art of seduction』

ナンパ(誘惑)する人、される人をタイプ分けしてるのが特徴です。

モテる9つのキャラクター非モテに続いて、

今回はターゲットにされるタイプのその16「感度が高い人」です。

わくわくしますね。

 

「感度が高い人」はセックスが好きなのではなく、感度が良すぎる人を指します。

ファッションなんかにその傾向が出ることもありますが、

だいたいはもっと分かりにくいタイプです。

なぜなら、感度が高い人はシャイなことが多く、

目立つことを嫌います。

このタイプの特徴は、外的な環境に大きく影響されてしまうことです。

カーテンの色が変だからといって落ち込んだり、

太陽が出ていないからといって起きられなかったり、

好きなにおいがするからと大興奮したりします。

このように大きく精神や体調を左右されてしまうので、

逆に、色や空気などの環境を楽しむことができません。

 

このタイプを落とすには、

素晴らしい環境のところに連れてってあげましょう。

景色や空気を存分に楽しみ、細部の美しさを堪能し、

肉体的にも気持ちいいことをしてあげましょう。

「感度が高い人」は動物みたいなもので、色やにおいで誘い出せます。

出来るだけ多くの感覚に訴え、

ターゲットを散漫で無防備な状態にしてしまいましょう。

このタイプを落とすのは簡単で手っ取り早く、

同じ方法を繰り返すだけでキープできます。

質にこだわるよりもバラエティで攻めた方がいいでしょう。

クレオパトラがアントニウスを落としたのがこの手法です。

このタイプは理想的なターゲットです。

望むものさえ与えてやれば、従順に従うようになるでしょう。

 

以上です。

 

一覧で紹介した時は、「ドスケベ」って訳しちゃいました。

だった感度が高いったら…ねぇ。そう思うよねぇ。

 

で、このターゲット。

クラブとかにはあんまりいなさそうですよね。

あんな音がんがんの空間にいたら死んでしまう。

となると、

出逢う場ったらストリートか、大学内とかでしょうか。

イメージ的には、落ち着いたウッディなカフェとかで、

地味目なニットとか着てよしもとばななとか読んでる感じ?

ナンパ慣れもしてなさそうなので、

最初の警戒心さえ解いて仲良くなったら、

ドライブでも山でも連れてけば一発!って感じでしょかね。

アウトドア派には格好のターゲットですね。

 

つくづく、

誘惑する側にもされる側にもぴったりの相手っているもんだ。

ホント「非モテ」な行動さえとらなければ、

普通に彼女とかってできるもんなんじゃないのかなぁ…?

と思ってしまいます。

ナンパの指導って『ザ・ゲーム 【30デイズ】』も含めて

「こうしろ、ああしろ」のメソッドがほとんどで、

それはゴールを「都会でヤリまくりのモテまくり」においてるからなんだけど、

「モテたい場所で適度にモテる」をゴールにするならば、

もっと自由で個性を生かしたやり方ってあるんじゃないかな、と思います。

てか、そういうモテ方もアリなんだ、と気づけた点で、

いまこの本を読んで訳してて良かったな、と思います。

 

ではまた。

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です