合コン戦果 VSアラサー美女 アイデンティティクライシス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お久しぶりです。Edです。

ナンパ、楽しんでいますか。

Edはナンパが楽しいです。

腕は相変わらずショボショボです。

ナンパが上手くなりたいです。

女の子にモテまくりたいです。

女の子とヤリまくりたいです。

でも…ナンパが上手いって、なんだ?

images (32)

更新が滞っていたこの期間、

Edはそんなことを考えていました。

 

 

さて。

 

この日はヤクモさんをクラブにお誘いしたところ、

「その前に合コン行かない?」

と誘っていただきました。

 

実はこの日、Edは後輩からの合コンのお誘いを断ってました。

その理由は、合コン相手が同世代の30代だったから。

このブログでも何回か表明している通り、

アラサーちゃんってのはターゲットとして最悪なんです。

男を見る目は肥えてるし、

恋心より損得で動けるし、

楽しいことも色々体験済みだし、

贅沢になってるし。

アラサーちゃんの武器である教養や経験なんて、

恋人には求めこそすれセックスパートナーには不要です。

 

で、こっちに参加したところ…

 

 

…そこにはアラサーちゃん軍団が。

 

 

☆VS?アラサー美人 かわいい度:すごくかわいい

 

と、散々文句を垂れながらのスタートですが、

Edの正面に座った女性。すごくかわいかったです。まじタイプ。

堅実な生活態度、敬虔な人生観、確固たる価値観。

ちょっと社交性に欠けるところを除けば、ほぼ完璧。

結婚してください!

 

なんですが、

そこでがっついたらナンパの勉強をしてきた意味がない。

私はその隣の明るいブス子ちゃんとおしゃべりしますよ。

美女は言い寄られることに慣れているはず。

興味が無い態度の方が刺さるはず。

途中、ヤクモさんの容赦ない下ネタが投入される中、

ほぼ美女とはなにも共有しないまま一次会終了。

 

で、二次会へ。

行く行かないを逡巡していたところ、

策略通りに美女から「行きましょうよ~」をいただく。

images (22)

 

道中、ヤクモさんが狙ったハーフ子に猛アプローチ!

ものすごい粘りで、ハーフ子を集団から引っぺがそうとします。

ダウンロード (64)

女の子たちドン引き…

しかし粘ってみるもので、

二次会会場につく頃にはハーフ子陥落寸前でした。

あと300メートル遠ければイケたんじゃないでしょうか。

しかしエレガントじゃないなあ。

ナンパ師たるもの、

相手の方から二人っきりになりたいと思わせないと。

その点、Edのここまでは完璧。

ヤクモさんもっかい「ザ・ゲーム 」読んだ方がいいよ。

 

で、二次会会場。

しっかり美女の隣をキープ。

今度はしゃべるよー。で、色々和む。

途中、ヤクモさんから、

「クラブどうしますか?」

と、相談あり。

EDは迷わず、

「クラブ行きましょう」

と即答しました。

だって30代はターゲット外だし。

 

でも、

 

アレ?

 

なんでEdは美女子と和んでたんだっけ?

 

 

 

解散後、Edを待っていたのは怒涛のダメ出しでした。

images (10)

ヤクモ「なぜ美女子と即セックスを狙わなかったの?」

Ed「ターゲット外だからです」

ヤクモ「ではなぜ二次会まで来たの?早めの損切りは鉄則でしょ?」

Ed「すごくタイプだからです」

ヤクモ「○○さんもセパレートの準備できてたよ?」

Ed「○○さんすいませんでした」

ヤクモ「後日アポで準即セックスを狙うの?」

Ed「狙わないと思います」

ヤクモ「じゃあなんで今日狙わないの?」

Ed「すごくタイプだからです」

ヤクモ「…」

 

 

ヤクモ「準即セックス狙わないなら、Edさんの行動全部ムダだよね」

ヤクモ「相手食いつきあったじゃん。狙える時は狙わないと」

ヤクモ「Edさんが一番イケそうだから、みんなアシストする準備は出来てたんだよ?」

ヤクモ「タイプだからギラつかない、とか何?まるっきりAFC(非モテ)の行動じゃん」

Ed「で、で、で、でも、ヤクモさんだってエレガントじゃなかったですよ」

ヤクモ「エレガントってなに?強引に行った方が即セックスできるんだから」

images (18)

Ed「でもStyle(The Gameの著者)もクロマティさん(Edの師)もエレガントだよ」

ヤクモ「最初から凄腕のマネしてどうなるの?」

Ed「でも俺は押し倒すより惹きつけて落としたいんですよ」

ヤクモ「それって典型的な非モテの言い訳だよね」

images (25)

 

はい。ぐうの音も出ません。

 

世の中には2種類の男しかいなくて、

セックス出来る男とセックス出来ない男しかいない。

その間には深いふか~い断絶があって、

エレガントかどうかなんて議論は、

その断絶の「セックス出来る」側でしてないと意味がない。

images (28)

 

それから、ナンパはチームワーク。

仲間のALL FOR ONEの献身を、

自分基準のターゲット選びで

無駄にしてしまったEdの罪は深うございます。

そこでゴールできるようにならないと、

自分が相棒として上手くやる事もできないでしょう。

すると、だれも相棒になってくれなくなるよね。

images (36)

 

Edには、ナンパという畜生道に生きる覚悟が足りませんでした。

 

 

…そして物語は、真夜中の六本木へ

畜生道に足を踏み入れる決心をしたEdの前に現れた2人の男。

愛されたいのか?犯したいのか?

Edのアイデンティティクライシスは続きます。

 

 

 

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です