西麻布ミューズ戦果 ナンパ即セックス2連勝…の先は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のコンテンツ

・催眠、コールドリーディングを使った会話例

・混んでるMUSEでのナンパスポット

 

現在大覚醒中のリクさんと合流しました!

リクさんはバーでのナンパの仕方を教えてもらい、

初即セックスの時も華麗なセパレートで

アシストしてくれた頼れる相棒です。

女子会への乱入やらAMOGingやら、

なんか一緒にいるとアグレッシブになれるんですよね。

 

で、久しぶりのコンビ。

この日は六本木のクラブ行きましょうと打診アリです。

Edが知ってるリクさんの唯一の弱点は、

AM2時ころには眠くなっちゃうという点なんだけど、

まぁ本人が大丈夫って言ってるんだから大丈夫でしょ。笑

元々クラバーみたいだし。

 

☆合流

深夜0時。六本木。

この日はお互い行ったことのない、

六本木はColoRに行ってみようってことで集まりました。

で、ColoR前。

むむ…人が少ない!そして金持ってそうなスーツが多い!

ヒルズ裏テレ朝前という立地もあってか、

これまたあやまんジャパンみたいな女子が多い!

(年齢層もちょっと高い!気がする)

 

すいません。

カッコつけて年齢グダ混雑グダな雰囲気を出しましたが、

実はEdはあやまんジャパンと外資系スーツにビビりました!

 

で、結局、

「今日はブス相手でもコンビ即が目標です!」

というリクさんの言葉に甘えてMUSEへ。

何が「アグレッシブになれる」だっちゅうね。

途中道を間違えたりしながら、六本木クラブMUSEへ向かいました。

 

いやね、言い訳しますと、

先日Twitterに流れてきた、

「THE GAME読書会」なるものに参加表明したばっかりだったんですよ。

で、これナンパを実践するとかそういうアレではなく、

普通に村上春樹とかベンジャミンフルフォードとかとおんなじノリで、

読み物として感想なんかを共有しましょうね~って会みたいなんですが、

その主催の方がEdのプロフを見て

 

「すごいぞ!プロが来る!」

 

とおっしゃってたんです。

 

…Edはこんなにショボ腕なのに。

 

で、まぁそういう話になった時に、

 

「まぁ、たまには会ってすぐセックスもありますよ…」

 

くらいなことは言える程度の実績をつけとかないと。

 

って事で安牌に逃げた感はあります!

 

 

とにかく、

そんなこんなで低難易度ナンパ箱MUSEへ。

リクさんよろしくお願いします。

 

 

☆VS 彼氏持ち子 かわいい度 かわいい&普通

入ってすぐのバーエリア。

じゃあナンパはじめましょうか!とほぼ同時に声掛け。

珍しく、彼氏いますを公言する2人組でした。

リクさん担当のかわいい子は結構話すものの、

Ed担当の普通子はあんまり会話に乗ってこない…

というか、かわいい子のウデにしがみつくパターン。

拒否サインですね。

 

せっかくなんで、

リクさんのトーク術を盗むモードに。

 

笑顔でいじる、

ルーティーンをちゃんと入れる、

そしてコールドリーディング

声のトーンも(多分天然だけど)ゆっくり低めボイスで。

基本に忠実に、っていう感じでした。

それがどんだけ難しいか、って話なんだけどね。

 

で、完全に講習生モードに入ってたEdを見て、

リクさんがさらっと放流。

リクさんはあのまま粘ればイケたんじゃないかな。

彼氏持ちって言っても、遊び相手を探してる雰囲気でした。

(もしくはタダ酒狙い)

セパレートできれば違う展開があったかも。申し訳ない。

 

 

☆VSババア

さすが週末のMUSEは男性陣がギラッギラしてますね。

男につかまってない女の子などほとんどいない。

で、焦りを感じたEdは顔認証を省略し片っ端から声掛けモードへ。

 

で、立て続けにババアを3,4人捕まえてしまいます。

(と言っても、Ed彼女と同じくらいだけど)

 

男につかまっていない女の子はいない。

つまり、

男につかまっていない女性は「女の子」ではない。

でした。

 

 

☆ VS 23才OL子 かわいい度 可食&可食

 

フリー案件は残ってないが、お客さんは増え続けている。

ならば、

入ってきてすぐの女の子を捕まえるしかない。

 

ってことで、女子ロッカーの出口あたりで待機。

 

声掛け。

 

名前や職業を聞いてくるなど、

IOI(セックスOKサイン)は上々。

指輪ルーチン…で、ボディタッチもOK。

こりゃイケるな。

 

けど

 

あんまりかわいくない…

 

 

どうしたものかと逡巡していたら、

リクさんが「踊りにいこう」で華麗にセパレート。

Edは前回といい、ほんと仕掛けが遅いよなぁ。

で、2人で座れる場所に移動。

 

で、旅行の写真なんかを見せてもらってたら、

彼女の趣味はEdの専門分野でした。

 

ハイ。今日は勝った。

 

とはいえ、

ここでセックスの方向に話を誘導できないのが今のEdの技術。

長々と質問コーナーに答えてしまっていました。

 

やばいぞ。

リクさんならどうする。

 

…基本に忠実に、ルーティーンを放り込む

 

ですね。

 

半ば話を遮るように、

石井裕之氏の催眠の本に載ってた知識を使って…

Ed「そういうタイプの子って、カラダの触れ合いに抵抗あるタイプっていうよね」

女「そうなの?そんなことないと思うけどな」

やばい。外した。でも動じない!

Ed「そうなんだ。

逆にカラダの触れ合いで安心できる子は、心を守ろうとしてるらしいよ」

女「あ、あたしそっちかも」

Ed「そっか。じゃあ座り位置も左側の方が安心ってことはないかな」

女「なんでわかるの!?すごい!」

Ed「彼氏とかに甘えたいときもあるのに、上手くできないこともあるでしょ」

女「ある!なんか甘えていいのか自信もてなくて!」

 

やっぱりルーティーンってのは効きますね。

勝利を確信したEdは、

連れ出す準備としてロッカーどうなってるか確認。

むむ、2人で共有か…めんどくさいな。

 

で、そうこうしてたらリクさんたちが合流。

 

リク「仕上がりどうすか?」

Ed「こっちはイケるとおもう。そっちは?」

リク「五分五分っす」

Ed「(…どうしよう)」

リク「とりあえずセパレート仕掛けますか?」

Ed「うーん…(あんまりかわいくないしなあ)」

リク「どうしましょっかね」

Ed「うーん…(でもこの後かわいい子を落とせるとは限らないしなあ)」

 

 

 

……

 

 

 

相方子「じゃあわたし荷物だして、また鍵閉めて渡しにくるね」

女「わかったー」

Ed「…ハッ!!(我に返った音)」

 

 

そう、Edが優柔不断をしているうちに、

リクさんがちゃちゃっとセパレート&連れ出しの了解を取ってました。

この決断力!この決断力がほしい!

 

Ed「じゃあ俺らも出ちゃおうよ。ここでやることあるわけじゃないんでしょ?」

女「うん」

 

で、結局一緒にロッカーへ。

連れ出した後にセパレートを渋られる恐れも考慮し、

我々は一足先に外へ。

 

 

が、結局男子ロッカーで追いつかれる。

 

 

も、

 

相方子「どうするー?」

Ed「我々は二人であっちいくから。ね?」

女「うん。相方子だいじょうぶ?」

相方子「うん、いいよだいじょうぶ」

 

で、無事セパレート成功。

 

ラブホへ。

 

ノーグダでセックス。

 

リクさんもゲットして、無事にコンビ即を達成いたしました。

 

 

 

で!今回の反省!!

 

☆決断は早く!

今日は本当にリクさんの決断力に救われました。

ヤクモさんにも散々言われたけど、決断が遅いんですよね。

決断だけでなく、仕掛けも遅い。

話の主導権を握れていない。

 

余裕を見せることが、

相手に好きに話させることだと勘違いしてるきらいがありますね。

余裕をみせつつ、しっかり話はリードしないと。

 

 

☆ルーティーンはちゃんとやる!

これも、リクさんが最初に見せてくれてたから出来たことでした。

まぁ、話の主導権の話と一緒ですよね。

で、

ルーティーンは流れを気にせずぶち込んでも平気だからルーティーンなわけで。

THE GAMEには会話の9割がルーティーン、みたいな人も登場したし、

もっとちゃんと信頼して使おう。

 

そして

 

 

☆女の子の好みの男性になる理論について

 

凄腕ナンパ師の方にマーケティング不足を指摘され、

それをEdは生意気にも

ありのままの自分でいるか、女性の理想を演じるか、

みたいな形に変形して勝手に悩んでたわけです。

 

が、

 

今回の勝因はなんでしょう。

 

たぶん、MUSEに来る女の子は、

・大人の男性が好き

・出来るサラリーマン、みたいなのが好き

ですよね。

スーツを着たら5割増し

みたいな好みの持ち主です。

 

はい。Edはしっかりリーマンスーツですね。

勤め先も(実態はともかく)はったりが効きます。

 

さらに、凄腕ナンパ師さんは、

若者カルチャーをものすごく研究してらっしゃいました。

Edは生意気にも、

「若者の流行りなんぞ興味ないし時間がもったいないなあ」

と思ってました。

 

が、今日の勝因はなんでしょう。

 

彼女の興味ある分野に、Edがめちゃめちゃ詳しかったことですね。

 

 

そして、ストリートでは歩くのが遅くセックスしやすい「即系」を狙う。

Edは生意気にも

「即系じゃなくて普通のオシャレな子とセックスしたいなあ」

と思ってました。

 

が、今日のお相手はどうでしょう。

 

ファッションや職業、精神的な衛生状態こそ普通ですが、

クラブにセックス相手を探しに来ている子。つまり即系ですね。

 

 

 

やっぱり、凄腕ナンパ師の方のいう事は圧倒的に正しい!

 

で、

タダで出来てターゲットも無尽蔵なストリートでやるか、

3500円払って有限なターゲットを取り合うクラブでやるか

 

の違いだけでした。

 

 

さて。

 

そしたら今後はどうしようかな。

 

難易度が低いとはいえ、ミューズでは連勝。

 

セックス相手を探してる女の子相手に、

見た目が刺さり、

共通の話題があれば、

即セックスできるようになりました。

 

次のステージは?

 

「セックス相手を探しているわけではない」

 

女の子相手にセックスするのを目指しましょうかね。

 

 

相席屋女子大生の準即セックスが一番理想的な落とし方だったよなぁ。

あれを即日のうちに出来るようになりたい。

 

よし。

 

しばらく準即セックス強化キャンペーンします。

 

あ、もちろんクラブ活動は継続しますので、

合流申請お待ちしております。

 

 

ではまた!

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. スナフキン より:

    いつも拝見してます!
    2015年から本格スタートしたペーペーですが、今度、よかったら合流してください。
    よろしくお願い申し上げます。

    • admin より:

      返信遅くなりました。
      読んでいただきありがとうございます。

      こちらこそぜひ合流おねがいします。
      いつでもTwitterで連絡ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です