六本木ミューズ戦果 End of Sorrow(早漏のEd)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Edは追いつめられていた。

この日の相棒、じゃぽにか氏もまた、

疲れた表情で虚空をみつめる。

 

「今日は、、、男性のレベルが高いですね」

 

その声はほとんど声になっていない。

緒戦での負傷が後を引いている。

午前三時。六本木ミューズ。

即日セックスしたければミューズ、

ゴミ拾い、とまで言われるナンパ箱で、

なぜこのようなことになってしまったのか。

 

 

☆AM0:00

Edとじゃぽにか氏は意気揚々と握手を交わした。

噂通りの綾野剛似(小栗旬似?)

そして、美女へのこだわり。

ミューズでは二連勝のEdは、

今日も勝利を、しかも外見に妥協しない勝利を確信した。

入店後、すぐにJD二人組に声掛け。

「あー、未成年!」

でオープン。

AKBの30位くらいに居そうな顔。

と、薄幸系。

イケる。前回前々回よりよっぽどカワイイ。

しかしじゃぽにか氏の顔は晴れやかではない。

 

「あのレベルなら妥協ですよ」

 

Edは戦慄した。

生まれて初めて、自分以上に顔にこだわる男をみた。

 

「あー、じゃぽにか♡」

 

見知らぬ女が声をかけてくる。

か、かわいい。

だが、じゃぽにか氏は動じない。

すごい…すごいぞ…!

 

まだ見ぬ美女との交合の予感に、Edの精巣がドクン、と脈打った。

 

 

 

☆AM1:00

じゃぽにか氏の動きが止まる。

視線の先には、ワンピース姿のモデル系美女。

あれを狙うのか?本当に美女しか狙わないのか?

美女の隣には小汚い可食。

 

よし。俺がおとりになる!

 

可食子に声掛け。

敢えて美女の方は見ない。

 

じゃぽにか氏も続けて声掛け。

 

2:2で話すことに成功。

そこから、じゃぽにか氏のエスコートで椅子へ。

 

Edの仕事は可食子の注意をひきつけること。

コールドリーディング

指輪ルーティン

SMテスト

あらゆる手段で可食子の注意をひきつける。

 

数十分後、じゃぽにか氏が一人で立ち去ろうとする。

 

Ed「あれ?放流?」

じゃぽ「…(喉をやられた…)

 

ここでアクシデント。爆音の中で話しすぎて、

じゃぽにか氏の声が完全につぶれている。

声はナンパ師にとって最も大切な武器の一つ

我々はいわば、戦場で刀を奪われてしまったのだ。

 

 

☆AM2:00

比較的静かなバーエリアであたりを見渡す。

男。男。男。

圧倒的な男祭り。

じゃぽにか氏の刀が折れたなら、

Edが先陣を切るしかない。

 

2:2で話している集団にAMOGingを仕掛ける。

成功。

相手が本当のAMOG(ボス猿の器がある男)でない限り、

AMOGing(横取りすること)は簡単に成功する。

が、それは真の意味でのAMOGing、

つまり、横取りした時点で女が落ちてるようなAMOGingにはならない。

今回も少し和んだだけで放流。

 

残っているのはブスばかり。

いや、ブスでさえも他の男につかまっている。

そして、亡者のようにターゲットを探してうろつく無数の男。

敗北の予感。

 

「今日は、、、男性のレベルが高いですね」

 

その声はほとんど声になっていなかった。

 

「テンションがあがらない。だからオープンもしない」

 

じゃぽにか氏の悲痛な呻き。

しかし、戦場で刀を折られた状況で、

誰が彼を責められようか。

 

Edは無言でハイネケンを煽った。

 

 

☆AM3:30

弾かれたようにじゃぽにか氏が動く。

その先には…美女が!

AKBならトップ10に入るだろうアイドル顔。

Edが学生の頃のミス東京女子大にそっくり。

彼女の相方はどこだ?

 

いた。

 

細身の長身に、隠しきれない胸のふくらみ。

推定Dカップ。

 

隣の男は、、、和んでいるわけではなさそう。

 

千載一遇の好機。

これを逃したら次は絶対にない。

 

丁寧に、丁寧に、、、

 

隣の男も敢えて排除しない。

話に巻き込み、差別化し、自分の価値を上げる。

 

「ちょっとそっちのソファーにいるから」

 

じゃぽにか氏が声をかけてくる。

折れたはずの刀に輝きが戻った。

彼は本物の美女キラーだ。

 

「じゃあ、俺たちももっと話しやすいところに行こうか」

 

セパレート成功。勝った。

恋愛遍歴を引き出す。

甘える練習。

手をにぎる。髪をなでる。

勝利は目前だった。

 

 

☆AM5:00

閉店。

ここからの勝負は、相手を見失わないこと。

トイレだのロッカーだので一回ばらばらになってしまうも、

じゃぽにか氏と再合流しなんとか二人を見つけ出す。

セパレートしようというジャブを打ちながら、

六本木交差点まで歩く。

大切なのは、

じゃぽにか氏の方にもセパレートする理由を与えること。

見えるようにくっついて歩く。

後ろで話題になっているのがわかる。

逆に、じゃぽにか氏の話題を拾って、

我々がセパレートする理由にする。

 

 

成功。

 

 

ちょっと寝てから帰ろう、

で、マンガ喫茶に連れ込み。

 

横になる。

抱き寄せる。

 

キス。

 

ノーグダ。

 

ブラを外す。

 

小さく声が漏れる。

 

手マン。

 

ノーグダ。

 

彼女の手がEdの股間に伸びる。

 

スカートを脱がす。

 

 

 

 

「だめ!」

 

 

 

 

ここでグダ発生。

 

でもEdは焦らない。

カラダからは完全にOKサインが出てる。

キスからやり直して、もう少し丁寧に陰部をいじる。

彼女もEdの陰茎を愛撫する。

 

そして、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

寝落ち!!

 

 

 

 

 

 

目が覚めたのは終了30分前。

 

ヤバい。

 

「もう時間ないから…」

 

と言いかける彼女の口を唇でふさぎ、

半ば強引にスカートを脱がす。

 

陰部はまだ濡れている。

イケる!

 

 

コンドームを取り出し、

 

Edのいきり立ったチンコに…

 

 

 

 

 

 

…いきり立ってない!!

 

 

 

全然立ってない!

 

 

 

 

 

刻一刻とタイムリミットは迫る。

彼女にフニャチンを見られまいと、四つん這いにさせる。

脱ぎかけのスカートから見える美尻とくびれが劣情を掻き立てる。

 

指で彼女の中をほじくりながら、

左手でチンコをしごく。

彼女の尻にこすりつける。

にわかに熱を帯びるチンコ。

 

むりやりコンドームをつける。

しかしそのことで、また萎れてしまう。

彼女の陰部に亀頭をこすりつけ、

なんとか挿入を試みる。

 

なんども、

 

なんども、

 

なんども、、、、

 

 

 

 

そしてついに……

 

 

 

 

 

 

 

……ふにゃったまま射精!!

 

 

 

 

 

ふにゃったまま射精…

 

 

 

 

 

 

((( ;゜ Д ゜)))

 

 

 

( ;゜ Д ゜)))

 

 

 

 

Д ゜)))

 

 

 

 

))

 

 

 

 

 

力抜山兮気蓋世
時不利兮珍不勃
珍不勃兮可奈何
虞兮虞兮奈若何

(力は山を抜き、気は世を覆ったが)

(天は味方せず、チンコが勃たない)

(チンコが勃たないのに、何ができようか)

(恋人よ、お前をどうすればよいのだろう)

司馬遷『史記』項羽本記第七より

 

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です