ナンパマニュアル DAY 10 ツンデレ大作戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

どもこんちは。

公約通りジムいってきました。

腕があがらんくてキーボード打てない…

さて!!

ザ・ゲーム 【30デイズ】 ―極上女を狙い撃つ」もいよいよ佳境に入ってきました。

なぜ佳境に入ってきたのかがわかるかというと、

知らないことが増えてきたからです。

するとどうなるかというと、

まとめるのが非常に難しくなります。

がんばるけど、

足りねえよクソ野郎!!って思ったら、

Neil Strauss氏の「ザ・ゲーム 【30デイズ】 ―極上女を狙い撃つ」買ってね。

 

では10日目!

 

☆ミッション1☆ 講義 一番アクロバットな技

今日の技は、

相手にわざと興味ないふりして相手の興味を引くやつです。

題してツンデレ大作戦!!

のツンの部分ですね。

 

ヤレる男とヤれない男を分かつのは、余裕の有無だと彼は言います。

男ががっついてると女はいつでも相手できると思うし、

男が冷たいと女は振り向いて欲しくなるのです。

 

そうね、そうだよね。理窟はわかるわ。

なので早めに相手に「性的対象・彼女候補じゃないぜ」って伝えましょう。

それにより、

その女子がいるグループからの警戒心も解かれるし、

下心あって近づいてるんじゃないって安心させられます。

なにより、美女には常に男が寄ってくるものです。

「性的対象じゃない」ことを理解させれば、その他大勢の男から一歩抜け出せます。

 

うーん、言いたいことはわかるけど、ほんとかなぁ。

男子はほら合コンとかでさ、

タイプです!って言われた方がソソるじゃん?

黒人が好き!っていうのっちと、

あなたタイプ!っていうあーちゃんがいたら、

あーちゃんにいくじゃん?

大振りするより繋ぐバッティングを心がけるじゃん?

 

でも女子は意外とこのテクニックを使っているそうで、

男子も実はけっこうコレをかいくぐる術もわかってる。

でもテクを使われてる時点で負けだぜ!? とSTYLEは説きます。

 

じゃあこのテクニックを逆につかってやるにはどうすればいいか。

まず、理想の女の子の条件と、これはナイ!!っていう女の子の条件を5個づつ書き出します。

ほんで、女の子がナイ!に近い事を言ったりやったりしたら

「ないわー」

っていう。

逆に理想に近い一面を見せたら褒める。

この押したり引いたりが女子の心に効くそうです。

これぞツンデレ大作戦ですね。

 

他にもいろいろ押したり引いたりのコツが載ってるけど、

共通してるのは、

絶対に感じ悪い感じで言わない事!

ユーモアたっぷりにやるのが肝心だそうでっせ。

 

最後に難しい”ツン”の部分のテンプレを紹介します。

・こんなチャラ男としゃべっちゃダメだよ的なことを言う
・筋肉触られたりしたら、あーワンタッチ1000円ね、とか言う。
・友達としてみてる!ってことをアピールする
・ふざけて逆に超お姫さまお嬢様あつかいする
・女子がナンパ男に言ってるような事を逆に言ってやる
・雇ってあげよっか?って言う (後でクビにすればツンデレ完成)
・先生とか親になった感じで喋る
・他の女の子と話す
・正直(君は女の子として)微妙だよね、って言っちゃう

などなど。

こういう例文的なのがいっぱい出てきたのも、

佳境に入ってきた感じがするよねー!

ホントはもっともっとテクニック載ってるけど、

全部書いたら怒られるだろうから買って読んでね。

 

コツは楽しく、感じ悪くならないように、そして自然に。

駆け引きしてるってバレたら一発でアウトって書いてあるから、気を付けよう!!

 

あと、例えば男性側がホントに優位な場合…

例えば就活に困ってるJDを就職勝ち組がナンパしてるケースとかかな?

に、エラそうにしすぎると嫌われる。

相手と同じか、ちょっと優位な立場に自分を持ってくのがポイントらしい。

それで、もしマジ切れされたっぽい感じになったら、

すかさずイイネ!って言えばダイジョブだって!

さぁ、さっそくやってみよう♪

 

☆ミッション2☆ ツンデレネタ作り

三人に声掛けします。

講義にあったネタを試してみて、

次に違うやつも試してみて、

ちょっと時間おいて、オリジナルな奴を考えてみて、

最後にオリジナルも試してみましょう。

あ、このツンデレネタは、お声掛けの話題のうちにすぐ使うようにね!!

 

この記事は2013年9月5日に書かれています

 


相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です