出張ナンパ・福岡完ソロクラブで出来るかな?(前篇)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のコンテンツ

・福岡平日クラブレポート

・完ソロクラブでの戦い方

 

出張で福岡行ってきました!

さすが博多美人の街。

女の子たちは美人でおしゃれで最高。なにより優しい。

そしてなにより、博多弁がカワイイ!!

どうにか博多弁ギャルとセックスしたい!ってことで、

出張中2回もクラブいっちゃいました。

 

☆福岡クラブ事情

まずはTwitterやらなんやらで情報収集。

どうやら天神のCat’sってとこが一番盛り上がってて、

大名ってとこにあるINFINITYってのがその対抗らしい。

 

☆アウェー感、ソロ感は隠すべし

まずは、ってんでCat’sにin。仕事帰りの23時頃。

平日はワンフロアのみの営業らしく、狭いし和めそうなスペースは見当たらない。

ただ、出入りは自由みたいなんで、連れ出しのハードルは低そう。

 

で、

読者諸兄はザ・ゲームソーシャルダイナミクス)の鉄則をご存知ですよね?

そう、自分が場の中心である、という自信にあふれた態度が大事。

なので、

「うわぁ福岡初めて!このクラブ初めて!一人だと不安!」

みたいな態度は厳禁。

お客さんが少ない早い時間帯だと、余計に一人で所在無さげにしてると目立ちます。

じゃあ、自分が場の中心だ!という雰囲気を出すにはどうすればいいのでしょうか?

 

答えはシンプル。小さいグループでも、自分が場の中心になってしまえばいいのです。

というわけで、中東系の若い男性二人組に声掛け。

福岡の大学に留学に来たらしく、日本語と英語と交えながら会話。

福岡のクラブ事情についても教えてもらう。

で、三人でワイワイやってたらほら、

来ます来ます。

かまってほしい女の子からのIOI(脈ありサイン)

 

☆ VS老け顔アパレル子x2 かわいい度3および4(Edは五点満点です)

がっつりボディコンの妙齢女子からIOIを感じ、

笑顔で手招き。

中東人2人を紹介し、石油王がどうこう言って和む。

アラサーだと思ってたら、なんとハタチになったばっかり。

地方の子はほんと早熟ですね。

ボディコンの腰に手を回して和むも、

ボディコンじゃない方と和み切れず放流。

LINEゲット。

 

☆ VS女子会三人組 かわいい度3&3&4

やっぱりなんかレベルが高いぞ福岡クラブ。

バーカンで飲み物を待ってる間に声掛け。

指輪いじりでオープン。

「それ、おばあちゃんの形見でしょ?」

「なんでわかったの!?!?!?」

 

…当てちゃいました。

 

中東組が飲んでるテーブルに案内してしばらく3対3で和むも、

知り合いがきて放流。LINEげっと。

 

☆ オラつく男子チームに合流失敗

他にも何組か和むも、

中東組は言葉の壁が厚く、しかもめっちゃおごりたがる。

彼らと共謀してのセパレートは難しいと判断し、

ほかのナンパしてる(したそう)なグループを探す。

Cat’sの男性客層は二十歳そこそこのオラついた感じが7割と、

アラサーのクラバーっぽいひとが2割。その他1割。

で、オラオラくんたちと仲良くなって一緒にナンパしよー、

と試みるも…

 

拒絶!!

 

なんで!?

 

Edがひょろがりだから?

Exileっぽくないから?

 

そういえば、女の子たちはいろんなオシャレをしているのに対し、

男性陣はExileっぽい感じほぼ一色。そして、なんか妙にマッチョ。

 

気づいた時には中東組もいない。

まぁいいや、ってんで普通に声掛けしても、

なんか最初の頃みたいにうまくいかない。

中東組と和んだ女の子たちと再度話そうとするも、反応悪い。

前半戦の楽勝ムードが嘘のような苦戦ぶり。

時刻は午前2時。

ラストチャンスだ!ってことで、クラブ移動を決意しました。

 

☆ 平日のクラブINFINITYは過疎!

Cat’sから1kmないくらいの場所にINFINITYはありました。

さすがに平日の夜中、親不孝通りから大名へ向かう道々も、

人影はほとんどなく。

嫌な予感を抱えながらInfinityに入ると…

 

ガラッガラ!

 

ひどい!

 

けど、音は悪くない!

ってのは、空いてる時間はDJが自由にやれるの法則のせいですかね。

完全に心が折れたEdは、ワンドリンクだけ飲み干してクラブを後にしました。

明日こそは博多弁ギャルと即セックスできると信じて。

 

☆反省と考察

さて、毎度おなじみ反省コーナー。

まず、今日の敗因ですね。

これはわかりきってますね。

「他の男子チームに混ざろうとして混ざれなかったこと」

これに尽きると思います。

場を支配する男は「他のグループに混ざりたい」なんて思いません。

けど、Edはそれをやろうとしてしまった。

拒絶されて、ちょっと動揺してしまった。

その様子が雰囲気となって表れていたんだと思います。

じゃあどうすればよかったか。

 

中東組といるときは場の中心になれてたんだから、

その状態を捨てずに男子とも絡めばよかったんですね。

実際、我々の女の子たちを横取りしようとアプローチしてくるグループはあったんだし。

彼らを排斥せず、仲間にしてしまえばよかったのです。

 

それからこれはTips的なものですが、

再入場OKってことは、連れ出しへのハードルも低いし、

荷物グダ(ロッカーに荷物があるから出たくない)も発生しにくい。

だったら、ちょっと和んだら早めに連れ出し打診してよかったんです。

どうせ店内にはがっつり和めるスペースないんだし。

逆に、いいなと思ってもちょっと目を話したら誰かに連れ出される、

ってことでもあります。

 

以上!後編に続きます。

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です