「聞き上手」キャラでセックス大学ライフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、EDです。

かわいい女の子とセックスしまくりな大学生活を応援する本企画

今回は最初に紹介した目指すべき4つのキャラのうち

おそらく一番難易度もリスクも低い、

「好感度勝負の聞き上手」を紹介します。

また、本講義はセックスライフ必修科目を履修済みで、

外見がキモいとか女の子と話すの苦手、とかいう事は

克服されているという前提で進めます。

ご注意ください。

 

☆「好感度勝負の聞き上手とはなにか

「好感度勝負の聞き上手」とはなにか。

それは世界一のナンパバイブル『ザ・ゲーム』のネタ本になっている、

The Art of Seduction(未訳)”に出てくる’Charmer’です。

(本サイトでは「魅了者」と訳してます)

どんな人物かというと、

決して目立つ存在ではないけど、

「あなたにだけは何でも話せるし相談できる!安心できる!」

っていうポジションです。

 

かわいい女子大生は敵も多いものです。

イケてる女子大生は人間関係に疲れてるものです。

そして、どんなにイケイケに見える女子大生でも、

心の中では不安を抱えているものです。

なので、このポジションは確実にニーズがあります。

さらに、”Art of Seduction”によれば、

このポジションは「地に落ちたスター」と相性がいい。

大学には地元で神童とか言われてちやほやされてたのに、

東京に出てきて挫折した女の子も沢山います。

ターゲットには困らないでしょう。

 

では、そうなるためにはどうすればいいか。

まず、マメであること。

次に、聞き上手であること

そして、自分がしっかりしていること。

の3つを徹底しましょう。

じゃあ具体的にどうするか。

 

 

☆「マメであること」の実践

まず最初の、マメであるためにはどうすればいいか。

そのためには女の子の変化に敏感でありましょう。

やり方は簡単。その子の外見に興味を持って、

気づいたことは何でも話題にすればいいのです。

ターゲットはあなたがセックスしたいと思う女の子のはず。

だったら、その魅力的な女の子のどこが魅力的なのか観察することは、

そんなにつらい作業ではないですよね。

髪型、ネイル、メイク、服、カバン、なんでもいいです。

彼女が身につけているものに言及して、ポジティブな感想をいいましょう。

たとえば、

「今日の服なんか大人っぽいね」

でOKです。それでその子が意識してその服を選んでたら盛り上がるし、

違ったら「ありがと」で終わります。

仲良くなってきたら、同じものをイジってもOK。

前に言及して喜んでくれたハンカチが出て来たら、

「そのハンカチは○○ちゃんて感じするよね。それ好き」

と繰り返せばいいだけです。

 

☆「聞き上手であること」の実践

次が一番大事な、聞き上手であること。

体感的には、話す量を2:8くらいに調整しましょう。

もちろん、あいてが8です。

話す内容も、自分が話したいことを話すのはNG。

自分の話は、相手が話す前フリだと心得てください。

相槌は、よく言われる「さしすせそ」

・さすが

・しらなかった

・すごい

・せっかくだから(これはあんまりいらない)

・そうなんだ

にプラスして、「わかる(共感)」を使いましょう。

こっちから話を振るときは、基本的に相手に「教えてもらう」姿勢で。

相手が得意な科目について教えてもらう、

相手が好きな音楽について教えてもらう、

友達にかんするうわさ話を教えてもらう、

です。

そして、意外と大事なのが秘密の遵守

たとえば相手が誰かの悪口を言ってたとしても、

共感はしていいけど情報を与えてはいけません。

具体的には、

「○○って性格わるいよねー」

という悪口に対し、

「そうだよね、××もこんなことされたって言ってた」

はダメです。

「なにかされたの?」から「それはひどいね」が正解。

たとえひどくなくても、共感は絶対にしましょう。

あとは相手の無意識の動き(耳に触る、グラスを拭く、など)を真似したり(ミラーリング)、

相槌をうつ際に相手の言ったキーワードをオウム返しするなどの小技も有効です。

つまり、ラポール(信頼関係)を形成することを徹底しましょう。

(参考図書『なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて』)

 

と、ここまでで、勘のいい読者諸兄は気づくはず。

アレ、これっていつものツンデレ理論と違くね?

「いいひと」で終わるやり方じゃね?

そうです。そのとおり。

散々言ってきてる通り、セックスするためには

「アピール(興味を持たせる)」→「ラポール(仲良くなる)」

の順番でやるという鉄則があります。

上記した作戦では、先に仲良くなっちゃってますね。

けど、いいんです!ここからが本番です!

 

☆セックスへの持ち込み方

上記のやり方で、何でも話せるポジションをゲットします。

イメージ的には、「ゲイの男友達」です。

異性なんだけど分かってくれる、

異性だから同性に言えないことを話せる、

というポジションですね。

このポジションになれば、当たり前のように二人で飲みにいけます。

(現役の一年生はお茶にしましょうね)

ですが、当然のように、

このポジションの人は男としてみられてないので、

セックスは難しい。

しかし、チャンスはあります。それが、

相手が弱っている時です。

大学生活は色々あります。

男女関係のアレコレもあれば、

サークルやゼミの中でのアレコレ、

単純に成績や経済的な事、

三か月に一回は弱ると考えてください。

そして、人は弱った時、

必ず「何でも話せる人」に相談を持ち掛けます。

そこで、

あなたは初めて自分の意見を示してください。

「○○のそういうところがいけなかったんじゃないかな」

と、軽く説教するくらいな感じです。

「何でも受け入れてくれる」と考えていた相手は、

必ずショックを受けます。

そこですかさず、

「俺はそういうところも好きだけどね」とフォローを入れながら、

抱き寄せちゃいましょう。

(慣れて来たら、揺さぶりの回数を増やして「おいでおいで」などと言って向こうから来させるとより確実です。)

「○○君とはそういうことできない」

というグダが必ず発生しますが、

「今日のおまえはほっとけない」と

「全部俺のせいにしていいから」でOKです。

セックスは女性向けAVを参考に、あくまで

「アナタを癒すためにセックスしてるんですよー」

というスタンスを崩さなければ、セフレ化できます。

 

このポジションを目指そうと考える人は、多少なりとも女の子にやさしく、

女友達を大切に出来る人だと思います。

なので、このようにギラつくことはかなり勇気が必要なはず。

でも、安心してください。

これで友情が壊れることは絶対にありません。

絶対にやっちゃいけないのが、

ギラついてグダられて、という流れからの逆ギレです。

揉めたら逆ギレせず、謝って帰りましょう。

相手は絶対に一人にされたくないタイミングなので、

高確率で掴んででも引き留めようとします。

そしたら再度ギラつくチャンスです。

 

☆地味だけど大切なこと

「魅了者」というモテキャラが男性ナンパ師にウケない理由として、

・長期戦になる

・セックスに持ち込みにくい

という二点があります。

そして、セックスに持ち込みにくい理由は

・異性として見られない

・聞き役は格下に見られやすい

のふたつです。

「異性として見られない」については、

上に書いたように

相手が弱ってる隙に「今だけ、あなたのために」男らしく振る舞うことで解消されるし、

これはメダパニ(判断能力が混乱しているうちにセックスしちゃう技)効果も期待できるのですが、

「格下に見られやすい」については、普段から頑張るしかありません。

それが最初に書いた

「自分がしっかりしている」です。

 

人として一目置かれていなければ、

「なんでも受け入れてくれる」のは犬と変わりません。

そして女は、格下とはお情けの気まぐれ以外ではセックスしません。

そこで、人として一目置かれるために、

・一芸を持つ(プロ級に楽器が出来る、Jリーグからオファーが来る、など)

・卒業後の進路をがちっと決めて計画している

・なんでも人並み以上にこなす

のどれかひとつを目指しましょう。

 

一番簡単なのは、進路を決めて計画し、その通りに動いていることです。

たとえば、○○という職種につくために○○学部を選び、

在学中に○○の資格は取っておきたいから○○の授業はちゃんとやる、

みたいな、就活の時にするみたいな説明ができること、やっていることが大切です。

大前提として、大学はそういう計画が建てられるようにカリキュラムが組まれているので、

目標さえ決めちゃえば難しいことじゃありません。

これさえあれば、成績が多少不振でも、

「だめかもしれないけど頑張っている」で一目置かれます。

大多数の学生はなんとなくラクそうな授業を取っているので、

これさえあれば、「しっかりしている」と一目置かれるし、

しっかりしている男子から「教えてほしい」というスタンスでこられると

自尊心が満たされて「なんでも話せるポジション」をゲットしやすくなります。

むしろこれができていないと、いざギラついた時に、

「安全な家畜に手を噛まれた!ひどい!きもい!」

という話になるので、一目置かれる存在であることは必須です。

 

☆まとめ

「好感度勝負の聞き上手」になるためには

・マメであること

・聞き上手であること

・自分がしっかりしていること

の三つが必要です。

何でも話せるポジションをゲットしたら、

相手が弱っているタイミングを見計らって、

揺さぶりをかけ、セックスに持ち込みましょう。

この方法は基本的に長期戦、「待ち」の戦術です。

なので、ターゲットは常に10人ほど抱えておくことが望ましいです。

10人いれば、常に誰かしらは弱ってます。

10人も二人で飲みにいける女友達作るの大変!

と、思うかもしれませんが、

セックスライフ一般教養の段階で、知らない女の子に声をかけるのは出来るようになってるはず。

教室で、廊下で、学食で、気になる子にはどんどん声掛けしましょう。

このポジションは表向きは「ゲイの男友達」なので、

女の子に声掛けまくってても、仲良し10人抱えてても、

浮気性だの女好きだの言われることもないです。

一番安全で確実なセックスライフだと言えるでしょう。

 

 

ではまた次回

相席屋 やれる

相席屋 やれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です